暮らし

『精神、発達障がいがあっても自分の可能性を信じられる社会へ』をテーマにUNROOFの革製品がスゴイ!SHIPSや埼玉西武ライオンズとのコラボグッズも販売中!

こんにちは!

所沢マガジン(@Tokomaga)編集部のリクです。

 

東京都東村山市にあるUNROOFというブランドで、ものづくりをする企業があるのをご存じでしょうか。

2017年に東村山市に工場を設立し、一流の革製品を世に送り出しています。

 

そんなUNROOFの工場での約束は

約束

①最高品質を目指して妥協なく

②『ボーダーのない』ものづくり

③一つひとつ、使う人のことを想って

これらの信念を全員がもって最高品質の革製品を提供しています。

 

最近では埼玉西武ライオンズやSHIPSとコラボグッズの生産も行っています。

今回は、

  • UNROOFの企業紹介
  • UNROOFのグッズ紹介

このような内容で紹介していきます。

 

UNROOFについて

UNROOFについて

 

冒頭でも紹介した通り、UNROOFは東村山市に工場をかまえており、

『精神・発達障害があっても、誰もがイキイキと働ける社会を』

をテーマに、発達特性や精神疾患がある仲間と一緒にあるべき理想の職場づくりを実践しています。

 

そんなUNROOFがつくる『理想の職場』が1つのロールモデルになることを目指しているとのこと。

UNROOFは『その人らしさ』を表現できるものづくりを目指しているため、

金具のカラーから利き手にあった仕様にするなど、発注を受けてから受注生産で商品を作っています。

 

またお客様の要望に応じてフルオーダーメイドも承っているとのこと。

素材へのこだわりも強く、基本的に日本製(一部バングラデシュ製)の高級本革を使用しています。

そんなUNROOFでは発注を受けてから工房で一つひとつ手作りしており、

注文はUNROOFのECサイトからできます。

 

注文時には商品の色や利き手、金具の色などを選びます(財布の場合)

ギフトラッピングのサービスもあるので、プレゼントにも活用できるのも特徴です。

 

また修理サービスもあり1つの商品を一生使えるようなサポートがあるのも嬉しいポイントです!

興味がある方は、ぜひ一度UNROOF公式サイトをご覧ください!

>>UNROOF公式サイトはこちら

 

UNROOFの商品を紹介

 

商品①:SHIPSとのコラボ商品

 

シンプルなカードケース

 

商品②:長財布

商品③:本革コースター

他にも様々な商品があるので、気になる方はぜひ公式サイトをご覧ください!

UNROOFについてまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はUNROOFについて紹介しました。

 

UNROOFで作られる革製品は素敵なものばかりで、受注後に1つ1つ手作りで作られるのも良いですね!

気になる方はぜひUNROOF公式サイトにアクセスしてみてください!

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです!

無料記事掲載やってます

-暮らし

© 2022 所沢マガジン Powered by AFFINGER5